• ホーム
  • 低用量ピルを上手に使いこなして体内のホルモンバランスを整えよう

低用量ピルを上手に使いこなして体内のホルモンバランスを整えよう

美肌になりたい人でニキビや肌荒れに悩んでいる場合、実は低用量ピルを使うことによってニキビや肌荒れが改善するかもしれません。避妊薬や女性特有の症状の改善として有名な低用量ピルですが、実は美肌のためにもプラスになる効果があります。

低用量ピルとはそもそもどういう薬かというと女性ホルモンが多く含まれる薬で、基本的に女性ホルモンのバランスが崩れることによる病気や症状を改善したり、生理周期を調整したりする機能を持ちます。排卵をしにくくしてくれたり、子宮や卵巣のホルモン量を調整するので妊娠しづらくなる一方で、そのホルモンの乱れを調整してくれる機能もあります。例えばホルモンの分泌量が少ない場合や、ホルモンバランスが崩れた時に調整してくれる効果もあるのです。

実は、ニキビの中にはホルモンバランスの調整がうまくいかないため、ホルモン量が乱れて出来てしまう場合や、ホルモン量が減ったことで対処するために起こる場合もあります。女性ホルモンの中には美肌に影響を与えるものもあり、またホルモンバランスによって肌荒れが起きやすい時期を作り出すものもあるのです。このため、ホルモンバランスを調整する低用量ピルを服用することによって、ホルモンバランスが整って調子が整う場合もあります。

その一方で気をつけなくてはならないこともあり、だれでも低用量ピルが使えるわけではない、という事は覚えておいてください。まず、男性は低用量のピルを服用できませんので、ニキビ治療の目的や美肌目的でピルを使うのはやめてください。最低でも低用量ピルは女性ホルモンを含むので、女性のみが服用することを想定しています。次に低用量ピルの中には使用できない人もいて、例えば喫煙者や年齢の高い人には処方できないとか、血栓症の人、持病がある人や生理が来る前の人には処方できないとされています。

また、低用量ピルはホルモンバランスを調整してくれる機能がある一方で、女性ホルモンの量を調整して排卵などをしなくしてくれるため、妊娠しなくなります。この機能を使って妊娠しないようにする薬として服用している人が多数派ですが、妊娠したい人には向きませんので、その点は気をつけておいてください。基本的に低用量ピルは婦人科で処方されることが多いので、婦人科で相談してみるのが良いでしょう。ホルモンバランスを整えることによって調子が整い、体や心の調子が整ったり、お肌の調子が整う人も少なくありません。