• ホーム
  • 寝不足が続いていると肌荒れになってしまうメカニズムはわかっている?

寝不足が続いていると肌荒れになってしまうメカニズムはわかっている?

様々な理由で肌荒れが起きることは知られていますが、その理由の一つに寝不足があります。寝不足になることによって肌の調子を乱して肌荒れになるメカニズムは明確にこれという物が分かっている訳ではありませんが、いくつかの説があります。

ひとつは、成長ホルモンが不足する、という理屈です。そもそも成長ホルモンは成長期に分泌されるばかりではなく、成人してからもお肌の調子を整えたり、細胞の分裂を促して肌の調子や体中の調子を整えるために分泌されます。この成長ホルモンが分泌されるのは夜で、一説には夜の10時から2時までに分泌されるとされており、この時間にきちんと眠る事が出来ないと肌荒れするという説もあります。特に、ホルモンが動くメカニズムについてはいろいろな意見があり、まだ明確に解明はされていないものの、ホルモンの影響によって肌荒れがなかなか治らないという事もあるようです。

もうひとつは、睡眠によるメンタルへの影響です。睡眠は脳を休めるためにも大事なもので、心も休める良い時間を得られますし、神経系も含めてきちんとケアを行う時間となります。この休息の時間がきちんと得られないと脳はストレスを感じて自律神経を乱し、肌の代謝や体中への悪い影響を及ぼすでしょう。このため、メンタルの悪い影響がお肌にも影響を及ぼしますし、また神経系が休めないと肌の治癒や肌の代謝にまで体が追い付かず、体が疲れた状態のままになってしまうでしょう。このため、美肌にも悪い影響を及ぼしますし、肌荒れも治らないままになります。

また、寝不足になるほど遊んでいるとか、寝不足になるような生活環境はそもそもお肌にも悪い傾向が見られます。これは休憩がそもそもきちんと取れないという事もありますし、寝不足になってしまうような時はそもそも栄養バランスのとれた食事や運動などがしにくいという意見もあるのです。これはそもそも睡眠一つまともに取れないような生活習慣ならばそれ以外のところにも悪い影響がある事が少なくないという、常識的な考え方にのっとったものです。

まだ明確にこれという事は言われていませんが、今では成長ホルモンの分泌があまりうまくいかないなどの理由をよく見かけます。ただ、生活環境や栄養素によって肌荒れのケアをできる場合もありますので、睡眠不足だけが肌荒れの原因とは言い難い傾向もああるでしょう。きちんとしたスキンケアと栄養素の補給で、ある程度ケアが出来てしまう場合もあります。どうしても寝不足になってしまうなら、スキンケアと栄養に気をつけてみるのも方法です。